便利な自動ドアもメンテナンスや修理が必要不可欠
ロゴ

定期的なメンテナンスと修理をしよう~自動ドアの利便性を把握する~

自動ドア導入のメリット

商業施設や宿泊施設などでは、大きな荷物を持っている人が多く見られます。ドアが自動で開閉するため、利便性が高いという理由から自動ドアが設置されていることが多いです。
高齢者や身体の不自由な方が利用する施設では、自動ドアはバリアフリーとして好まれる設備です。手を使わずに開閉できるため、病院や工場など衛生管理が必要な場所では積極的に使われています。

自動ドアの有無を比較

あったほうが便利な設備

自動ドアは特にベビーカーを押すお母さんや、車イスを利用している人にとっては大変便利な設備です。
商業施設や公共施設といった、日常行くことが多い場所のドアは、手動で開けることは大変手間のかかる作業です。ドアが重いこともあり、力のない子供やお年寄りが開けるには手間がかかる作業です。

災害などを考えると手動の方がよいという意見も

災害時や緊急事態のときを想定して、自動ドアはない方がよいのではと考える人もいますが、停電のときには自動ドアは手動で簡単に開けることができるため心配がありません。
ショップの閉店後に自動ドアが開かない場合や、重さを感じるときがありますが、鍵が閉まっているためです。

便利な自動ドアもメンテナンスや修理が必要不可欠

自動ドア

自動ドアの仕組み

一般的な自動ドアには赤外線センサーが使われています。通行者にドア上部についているセンサーが反応し、制御装置から信号が送られ、ドアの制御装置に信号が送られてドアが開きます。通行者の反応がなくなると、設定したタイマーが時間が来ると反応し、ドアが閉まります。補助光線スイッチがドアの下の方についていて、通行者が通っているときには光を遮断してドアを閉めない仕組みとなっています。

定期的なメンテナンスが必要

自動ドアは大変便利な設備です。毎日のようにいろんな人が利用するため、安全にそして快適に利用するために、定期的に点検や調整が必要です。建物の所有者や管理者、そして占有者は建物の設備を適切な状態を維持する責任があります。
自動ドアは劣化する設備です。定期的に点検を行いながら部品を交換して常に良い状態を保つことが大切です。

定期点検の内容

建物の管理者が日常的に行っている点検だけでなく、専門的に点検を行う技術者の定期点検は、事故を未然に防ぐためにも大切です。
定期的に巡回を行い、ヒューズやボルトやビス類、潤滑油などの消耗品の交換や整備を行うことで、故障や事故を未然に防ぐことができます。メンテナンスとして、開閉装置や駆動装置、センサーなどの点検を行っていきます。自動ドアを定期的に点検・整備を行うことによって、自動ドアの耐用年数を伸ばすことができます。

自動ドア修理を依頼した方の口コミ

マンションのドアの開閉時に異音

自動ドアの開閉時に気になる異音が聞こえたため、使用できなくなってしまったら住人が困るということから、点検を依頼しました。すぐに確認作業から原因を突き止めてもらい、ゴミなどを取り除く作業を行ってもらったところ異音がなくなり、スムーズなドアの開閉ができるようになりました。

事前に作業内容と目安金額の提示があった

自動ドアが動かなくなってしまい、事前に状況を説明すると、作業内容や目安になる費用の案内がありました。作業は迅速に行われて、1時間ほどの作業時間で終了しました。費用もほとんど事前に案内されていた金額と変わりがなく、安心できました。

業務用の自動ドア修理

業務用自動ドアの故障だったため、業務に支障が出ていたため困っていたところ、原因の調査から修理まで時間を掛けずに行ってもらうことができました。修理に時間がかかっていたら、さらに業務上の大きなロスに繋がるところだったため、大変助かりました。

広告募集中