エレベーターの長期使用は定期点検が欠かせない!

メンズ

エレベーターには保守点検が必要

保守点検は建築基準法第8条に基づくエレベーターの点検で、専門技術者がおおむね1月以内ごとに点検を行います。全て1か月に1度点検が必要なのではなく、古いタイプのエレベーターは毎月1回のペースで点検・整備を行い、新しいタイプのエレベーターは遠隔操作によって定期点検を行っているため3ヶ月に1回程度で点検・整備を行うことが一般的です。保守点検の記録は3年以上保管を行います。
ただし、法律により年に一回の定期検査が設定されています。保守点検は故障や不具合などのトラブルが発生する前に未然に防ぐためのメンテナンスの役割があります。

エレベーターの定期検査の内容

定期検査は建築基準法第12条3項にて定められている検査で、エレベーターが国土交通大臣が定める基準に適合しているかという検査を行います。検査は年に1回、一級建築士や二級建築士、または昇降機等検査員が検査を行います。定期検査の結果から決められた報告月までに報告書を作り、管轄の行政庁へ結果を報告する義務です。無報告や虚偽の報告だった場合には、50万円以下の罰金となります。保守点検は、利用者が安心してエレベーターを利用できる点検ですが、定期検査は点検がしっかり行われているかを最終的に確認する検査です。

エレベーターのメンテナンス有りと無しの比較

メンテナンス契約は2種類ある

エレベーターは少しずつ劣化をしていきます。長く使うため、トラブルを防ぐためにもメンテナンスをしておくことは大切です。特に利用率が高い駅やデパートのエレベーターは、定期的にメンテナンスを行って、消耗品の交換や修理などの費用すべてが含まれているフルメンテナンスの契約していることが多いです。一般的に新しいビルやマンションには、定期的なメンテナンスや消耗品のみを交換するP.O.G契約されていることが多いです。

メンテナンスが適切に行われていないと性能の衰えや劣化が早い

定期的なメンテナンスをしているエレベーターと、部品の交換や未然に故障を防ぐメンテナンスが行われていないエレベーターでは、性能やエレベーター自体の劣化の時期が異なります。定期的にメンテナンスを行われていたエレベーターの方が、長期にわたり使い続けることができます。そのため、結果的にはメンテナンスを行っていた方が費用が安かったということに繋がります。

メンテナンスは性能を保つのに有効的

自動ドアのトラブルから修理になってしまわないように、定期的なメンテナンスは必要です。自動ドアは設備ですが、消耗品となるパーツが数多く使われています。それぞれのパーツには推奨使用年数であったり、推奨回数が決められています。使用年数や回数どちらか到達したころには、定期的にメンテナンスをすることによって長期間使用することができ、修理の回数を減らすことができます。

エレベーターのメンテナンスは長期的な目で見るとお得

メンテナンスはトラブルを未然に防ぐための予防策です。メンテナンスをしているエレベーターとしていないエレベーターを比べると、メンテナンスをしていないエレベーターの方が早期に故障をする可能性が高いです。通常、エレベーターの耐用年数は約20年ですが、適切にメンテナンスを行っているとそれ以上利用することも可能です。
メンテナンスを行っていないと、急に故障をしてしまう可能性もあります。比較的安めの金額でメンテナンスしていたはずが、トラブルの症状が重くなってしまい、コストがより掛かってしまうケースがあります。

[PR]エレベーターの点検は定期的に☆
メンテナンスは実績のあるとこに依頼!

[PR]自動ドア修理依頼を!
低価格で対応してくれる♪

[PR]自動ドアの修理を依頼
様々な扉に対応してくれる

広告募集中